都会で安心して働ける場所|タクQで働こう|労働が楽しくなる職場がコチラ
ウーマン

タクQで働こう|労働が楽しくなる職場がコチラ

都会で安心して働ける場所

男女

勤務先が住居を提供

企業が雇い入れた従業員のために生活拠点となる住居施設を提供する職場を、一般に住み込みの仕事といいます。住み込みの「込み」という言葉のニュアンスからも感じられる通り、元来はその就業の場所、たとえば店舗の奥や2階などに従業員が寝泊まりすることを住み込みと呼んでいました。しかし現在では職場とは別の場所に寮を設けていたり、借り上げマンションを用意していたりする場合も含めるようになっています。住み込みで働くことの最大のメリットは、住居費が節約できることです。施設の使用料は完全無料のところもあれば一部を従業員が負担するところもありますが、後者の場合であっても民間の賃貸住宅に入居するよりも費用はずっと安く済みます。

都市部でも多数の求人

住み込みの仕事といってすぐに思い浮かぶのは、地方にある製造工場やリゾートホテル、牧場など、通勤に不便な地域にある職場です。しかし求人サイトなどでチェックしてみると、東京のような都市部でも住み込みの仕事はかなりの数に上ります。東京における住み込みの仕事で非常に数が多いのが、新聞配達です。これは、朝刊の配達時間には電車やバスが動いていないため、通いで働くのが難しいからです。また、マンションや寮の管理人も東京における住み込みの代表例です。これらはいずれも、深夜に緊急事態が発生した時などにすぐに対応できるようにするためです。異色なところでは、料理人や美容師なども住み込みの多い仕事です。これは、かつてはこうした仕事に就くのは地方から東京にひとりで出てくる人が多かったことの名残りです。